手続き完了!|相続放棄のノウハウはプロ診断で簡単理解

弁護士

税金の詳細

男性

法人の所得に対してかけられる税金を法人税と言います。所得に対して定められた税率で法人税が計算されるものであり、利益が出ても税金で持っていかれる可能性があるのです。

View Detail

金銭的な問題

裁判

法律相談にかかる費用だけを支払う

法律相談によって裁判手続きをしようと考えている人は、法律家にそのことを伝える必要があります。 法律相談と異なって、裁判でかかる費用には別の料金体系が存在します。 例えば、慰謝料請求の裁判をするときにはその慰謝料を実際に請求できたときに支払うことになります。 裁判の前に最初から慰謝料の何%かを支払う約束をしておき、結果が出たときに法律家に対して支払うのです。 そのため、裁判に関する法律相談によって支払うお金は結果が出る前はその相談料金だけということになります。 この相談料金に関しても余計な出費を避けるために前もってどの程度かかるのかを調べておきましょう。 法律相談に関する費用は、事務所によって基準が異なることがあるため気をつけなくてはいけません。そして、相続放棄に関する手続きも法律相談で上位にくる内容です。

裁判で勝てるようにするための準備をする

成功報酬として裁判費用を支出するとは言っても、その中から支払われるお金はそれほど多くはありません。 多くても2割程度なので、裁判をしたときには当然その裁判で勝ったほうが良いのです。 では、どのようにすれば裁判で勝てる確率が上がるのでしょうか。 それは、裁判で必要な証拠をきちんと集めて法律家に渡しておくことです。 法律相談をするときには、裁判上でどのような証拠が必要になるのかが必ず法律家から言われることになります。 法律家は、検事以外は民間人に対して勝手な捜査をする権限がないため証拠を捜査で集めることが出来ません。 物的証拠を集めるためには民間人同士が協力をして法律に違反しないように注意をする必要があるのです。 こうした証拠を法律家に渡せば、どのような裁判であっても勝つことが出来ます。

プロに依頼

男性

離婚をする際に相手から慰謝料をもらいたいのであれば、弁護士に間に入ってもらうと安心です。扶養者と別れると今後の生活が不利なのですが、弁護士によって助けてもらえるでしょう。

View Detail

慰謝料の請求

男女

結婚した当初は夫婦円満でも、何かがキッカケで離婚届を書く事になるかもしれません。その理由は様々ですが、相手に問題がある場合は慰謝料をもらえるようにした方が良いでしょう。

View Detail